close menu

イメージング

宇宙、科学、医療、産業市場におけるイメージングシステムでは、従来のセンサーを超えた性能と信頼性が要求されています。e2vでは、40年にもわたりCMOS (Complementary Metal Oxide Semiconductor、相補型金属酸化膜半導体)、CCD (Charge Coupled Device、電荷結合素子)、EM (Electron Multiplying、 電子増倍) イメージセンサー、アレイ、カメラの設計製造およびイメージング要件に対するサプライチェーン管理を実施してきました。

これらはX線から紫外線、可視の光線、近赤外線までの電磁スペクトル全体で動作します。このようなノウハウを駆使して、NASAのハッブル宇宙望遠鏡の眼になり、天の川銀河のマッピングを行ったESAのGAIAミッションへ最大のセンサーアレイ (1ギガピクセルのアレイを106個のセンサーで構成) するなど、世界でも最も重要性の高いイメージングプロジェクトに関与しています。地上では、高速産業用カメラが産業用システムに役立ち、フラットスクリーンテレビの性能をより速くより正確に測定できる産業用点検システムなどに役立っています。