close menu

EM標準イメージセンサー

CCD201 - 2

EM (Electron Multiplication、電子増倍) は、チャージドメインのチップ搭載ゲインを活用してイメージセンサーからの読み取りノイズを効果的に消去する技術です。このことにより高速フレームレートで極めて高感度が要求される高度な低光用途が可能になります。この例には、単一分子検出、超高解像度顕微鏡検査、スピニングディスク共焦点顕微鏡などの生命科学用途、ナノテクノロジーイメージング、ボーズ・アインシュタイン凝縮体、軟X線分光法などの物理科学用途、補償光学やラッキーイメージングなどの天文用途も含まれます。従来の出力を追加したため、真の24時間サーベイランスなどの用途に対する柔軟性がより改善しました。

e2vはEMイメージセンサーは多様な構成からお選びいただけます。またお客さまのニーズに合わせて特注することも可能です。e2vの裏面照射技術と反射防止コーティングの組み合わせにより、可視、紫外線、近赤外線の波長範囲での用途に最適化できる、業界をリードする量子効率が可能になります。これらのセンサーは、シールド付きアンチブルーミング搭載型もお選びいただけます。これは強力な光源からのブルーミングを最小限に抑えながら、フルウェルキャパシティおよび高量子効率を維持し、暗電流を最小限に抑えるために熱電冷却器付きの気密封止パッケージで提供されます。