close menu

未来とは今である : 5G NR ATEとフィールド試験システム
TELEDYNE e2vのADコンバータは、自動校正による試験測定に革命をもたらします

概要

この20年で3Gから4Gへと急速に進化した移動無線技術は、引き続き5Gの新たな移動通信技術(5G NR)ネットワークの時代に突入しています。しかし各世代を通していつも問題になるのは、高周波機器のテストで必要とされる自動校正試験手法です。

高周波無線自動試験装置(RF ATE)およびフィールド試験システムで最大の問題になるのは、校正、再現性、そして測定結果間の相関です。これが仕様に対する適合性の判断材料となるためです。無線技術が5G NRへと移行する状況の中、Teledyne e2vのモノリシックなクアッド・チャンネル、マルチポート入力ADコンバータは、最高性能のオンチップ高周波クロスポイント・スイッチを採用しており、RF ATEやフィールド試験環境での自動校正および測定技術に適しています。

Teledyne e2vのEV12AQ605およびEV10AQ190(クロスポイントスイッチ入力回路を採用した12ビットまたは10ビット・クアッドチャンネルADC)を使用したRF ATEおよびフィールド試験装置は、シングル・チャンネルやマルチポートの自動校正試験計測が可能です。

こちらをクリックすると、当社のホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認いただけます

 

  • お問合せフォーム

    TELEDYNE e2vのエキスパートがすぐに回答します。
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.