close menu

マイクロ波のダイレクトサンプリングによるソフトウェアリゼーション

当社では最新のマイクロ波のデータコンバータ開発を進めております。このホワイトペーパーでは、近い将来の電子データ変換の核となる技術について紹介しています。

Teledyne e2vは、マイクロ波のデータ変換技術を開発することによって、無線通信のソフトウェアリゼーションを強力にサポートしています。ここ数十年で無線技術の標準化が進みアプリケーションが増えるとともに、接続されるデバイスも爆発的に増加し、データ帯域とスループットへの要求がかつてないほどの高まりをみせています。簡単に言えば、革命的なモノのインターネット(IoT)の広がりにより45億人ものユーザがインターネットに接続され、現在の需要曲線は年間25%以上の需要増を見せており1、ますますひっ迫する状況になっているのです。世界で在宅勤務へと切り替わりつつある現状を踏まえ、地上でも宇宙でも通信において重要となるインフラストラクチャの試験が進行中です。

率直に言いますと、無線周波数スペクトル空間は枯渇しつつあり現在の需要には対応しきれなくなってきています。つまり、現代の通信ネットワーク計画にはデータフローを保つためのよりスマートな方法が必要だということです。貴重なRF領域のスペクトルを分割して再利用し、最大限活用するのです。この実現に向けて、将来を見越したインフラストラクチャのバックボーンの再構築がここ数年で始まっています。

現在、インターネット・トラフィックは年平均成長率(CAGR)が25%を超えており、2020年には月間200 EB超(エクザバイト=1018バイトあるいは106テラバイト)、2022年にはさらに増加して年間4.2 ZB(ゼタバイト)に達する見込みです。(情報源:Cisco 2019)

こちらをクリックすると、当社のホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認いただけます

  • お問合せフォーム

    TELEDYNE e2vのエキスパートがすぐに回答します。
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.