close menu

未来はそこまで来ています:Teledyne e2vのクアッドコアARM® Cortex®-A72 耐放射線マイクロプロセッサが、宇宙システムや衛星プロジェクトで要求される大規模演算に変革をもたらします

宇宙飛行システムは過去60年の間に、急速な発展を経験してきました。軍事から天気、地球観測、通信(特に5Gネットワークが地球規模で進んでいるため)に至るまで、一つの技術的問題が一貫して存在しています。それは、高速信頼性の高い宇宙グレードのマイクロプロセッサを選択し、実装することです。

この基本要件には、耐放射線の宇宙/衛星開発に必要な課題と適応性に見合うような、演算能力や速度、サイズ、重量、電力消費、そしてコストが含まれなければなりません。現在の最先端の技術による大規模演算でも、将来的には次世代COTS(商用オフザシェルフ)で宇宙グレードの耐放射線プロセッサが必要となります。Teledyne e2vの「LS1046-Space」クアッドコアARM® Cortex®-A72マイクロプロセッサは、今後数十年の宇宙/衛星開発におけるヘビーコンピューティングの要件に革命をもたらします。

NXP QorIQ® LS1046マイクロプロセッサ1.8 GHz30 KDMIPSのギガヘルツ級の高性能データ処理を利用することはつまり、高速インターフェースと、便利なソフトウェアプログラミング(および再構成可能な機能)、そしてTeledyne e2vの実証済みの耐放射線技術を利用することになります。こうした要素を備えたTeledyne e2vのLS1046-Spaceマイクロプロセッサは、インテリジェントな計算集約型の宇宙/衛星プラットフォームを可能にする最適なデバイスです。

こちらをクリックすると、当社のホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認いただけます。

  • お問合せフォーム

    TELEDYNE e2vのエキスパートがすぐに回答します。
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.